• News

  • Profile

  • Discography

  • Gallery

  • Movie

  • Diary

  • Schedule

  • Board


【Free】 BEAT WIN、新大久保 SHOWBOXレポ

事務局
ヒット1,609 2015/12/02
DSC_0065.jpg
DSC_0287.jpg
DSC_0684.jpg
DSC_0736.jpg

BEAT WIN(ビートウィン) 日本2nd シングル『シェキラ』
発売記念来日プロモーション公演
日時:2015年12月1日(火)/会場:新大久保 SHOWBOX


ライブはダイナミックにしなやかに!日本語トークはコント仕掛けで笑わせる!
シェキシェキ バウンスダンスで一緒に盛り上がろう!



12月最初の公演は、新大久保SHOWBOX。『シェキラ』で幕を開けたステージ、日本語も一段と板についてきた彼らが、
自己紹介でさらにファンを楽しませる。まずはリーダーソニョクが挨拶すると「プリンス」コールが鳴り響き、
ユヌが「君のハートに火をつける」と小悪魔な笑みを浮かべると、会場からは「火をつけて~」と半ば本気のレスポンス。
仔犬のようなソンホは会場中をワンワンと駆け巡り、ヨンジョは「ファンのもとへ飛んでいく」と言いながら、ヒヨコのように手をパタパタ。
さらにジョンハは地下5階並の重低音ボイスでファンを魅了していた。

続いては『Beautiful Night』&『REBIRTH』。どちらもファンにとっては馴染み深い曲であり、パフォーマンスにも余裕が感じられる。
「希望」というお題での作文コーナーでは、ジョンハが「皆さんは僕たちの希望です」と伝え、ファンを喜ばせていた。
コント混じりの曲紹介で始まった続いての曲は『She’s My Girl』&『illusion -Japanese ver.-』&『STALKER』。
確実にレベルアップした舞台パフォーマンスで観客を魅了した。ソンホが「せっかく6kg増えたのにまた減ったんじゃない?」とリーダーを心配すると、
ソニョクは「いやいや大丈夫」と、“自慢の腹筋(自称)”を見せようとするも、「まだ見せられる代物じゃない」というメンバーのジャッジで
今回はあえなく断念。次に期待したい。

メンバーが最後の曲紹介をするところで、どこからかメロディが鳴り出し、ジョンハがGirl`s Dayの『기대해(期待して)』のダンスを披露することに。
いつの間にかソニョクとソンホも巻き込んで、即席ガールズグループが誕生。可愛く超絶セクシーな表情を浮かべる3人組に会場は割れんばかりの
歓声に包まれた。最後は『I.NO-Japanese ver.-』。ヨンジョのバク宙も飛び出して会場中が熱気に包まれる中、
メンバーが舞台を去ると同時に沸き起こるアンコール。ほどなくして『シェキラ』が流れ、ひとりふたりとファンが立ち上がり、
みんなで“シェキシェキ バウンスダンス”を楽しんでいる。そんな会場の雰囲気に吸い寄せられるかのようにメンバーは舞台を降りて歌いながら
ファンと優しくハイタッチ、会場がひとつになって“シェキシェキバウンスダンス”を楽しみながら12月最初の夜は更けていった。

12月23日のプレミアムライブまで、約1か月におよぶロングランのプロモーションを展開中のBEAT WIN。2日の新宿K-Stage O!での公演は、
リーダー、花よりソニョクのソロステージがたっぷり用意されている“ソニョクDay”。肉体改造中の自慢の腹筋をはじめ、
ミュージカル練習で鍛えた美声に期待がかかる。