• News

  • Profile

  • Discography

  • Gallery

  • Movie

  • Diary

  • Schedule

  • Board


【Free】 BEAT WIN『シェキラ』発売記念ショーケース

事務局
ヒット2,155 2015/11/27
BEAT WIN(ビートウィン)
日本2nd シングル『シェキラ』
発売記念ショーケース&記者会見

日時:2015年11月26日
会場:タワーレコード渋谷店B 1F CUTUP STUDIO


_A_A0112.jpg
_A_A0163.jpg
_A_A0525.jpg
_A_A0579.jpg
_A_B0251.jpg
_A_B0329.jpg

11月26日正午、タワーレコード渋谷店B1FのCUTUP STUDIOで、
BEAT WIN(ビートウィン)の日本2 ndシングル『シェキラ』発売記念ショーケース&記者会見が開催された。
ショーケースも兼ねた今回の会見には一般のファンも参加、約1か月ぶりの来日、そして新曲『シェキラ』初披露の場とあり、
自然と期待が高まる中、正午ぴったりにショーケース&会見が始まった。舞台の暗転と共にBEAT WINが登場すると、
新曲『シェキラ』が披露され、会場のボルテージが一気に上がる。

今回の新曲は強烈なハウスリズムと盛り上がるエレクトロニックサウンドが特徴のナンバー。初披露後に行われた記者会見は、
そんな新曲の魅力を紹介するコメントからスタートした。通訳はほとんど介さず、質問も、そして回答もできるだけ日本語で答えようとするメンバー。
この1か月、今まで以上に日本語の猛特訓をしたという彼らだが、歌詞はすべて日本語で構成されているため、
レコーディングではやはり言葉の壁を感じたという。「発音が特に難しかった」と語るソンホとジョンハ。
ヨンジョはそんな彼らの話にうなずきながら、「僕は『さしすせそ』の発音が特に難しかったです」と、「さしすせそ」の発音も
完璧な日本語でコメントし、取材陣とファンを驚かせていた。また、この1か月間、イメージチェンジのために肉体改造に取り組んできたというリーダー、
ソニョク。体重を6kg増やし、リーダーとしての貫禄も増したようだ。会場から「(腹筋)見せて~!」という声が掛けられ、恥ずかしがってはいたが、
今回のロングラン公演中にはもしかしたら見られるかもしれない。

約1か月ぶりの来日となる今回のプロモーションは、タワーレコード渋谷店を皮切りに、K-Stage O!やSHOWBOXなど、
ライブハウスを回る約1か月間に及ぶロングラン。楽しみにしていることを聞かれたユヌは、
「1か月間、全公演で5000人くらいの人が集まってくれることを期待していますし、楽しみにしています」と、自信に満ちた笑みを浮かべた。
プロモーション期間中、SHOWBOXではパフォーマンス中心の舞台を、そしてK-Stage O!では、
メンバーそれぞれのスペシャルソロステージなども披露されるという。ちなみに明日27日の公演ではユヌが、
翌28日はソンホがスペシャルなソロステージを準備中とのこと。ジョンハは、「毎回メンバーが入れ替わりでスペシャルDayを準備しています」と、
ファンの期待を高めた。

会見の最後は、新曲『シェキラ(Shake it up)』の“Shake”という単語にちなみ、“シェイク”BOXが舞台に登場。
メンバーそれぞれがBOXの中から日本語のキーワードを引き、その言葉を使って今後の抱負を日本語で語ることになった。
「愛」というキーワードを引いたソニョクは、「愛と書いてソニョクです(笑)。ファンの皆さん、愛してる~!」と語り、
即興とは思えない巧みなコメントで会場を和ませる。続いて「熱い」というキーワードを引いたユヌが「みなさん寒いでしょ? 
ボクたちのライブに来たら熱くなります。ぜひ会いに来てください」と語ると、今度は「いっぱい」を引いたソンホが、
「12月23日まで毎日公演があるので、友達を連れてきて、いっぱいいっぱい楽しんでください」とファンに語りかける。
続いてヨンジョが引いたのは「大丈夫」。周囲から「大丈夫ですか?」と心配されるヨンジョだったが、「ひとりで公演に来ても大丈夫、
僕たちが楽しませてあげます!」と、またもや流暢な日本語で甘いメッセージを伝え、ファンの心をときめかせていた。そして大トリはジョンハ。
「最高」というキーワードを引いた彼は、「最高な歌、最高なパフォーマンスを見せたい。そしてファンの皆さんの最高な笑顔を見たい」と
上手くまとめ上げ、あまりの出来栄えに、自ら自分の頭をなでなでしていた。

記者の質疑応答では、ダンスの話題が盛り上がった。前回の『STALKER』では、サスペンダーを使ったダイナミックなダンスを披露してくれたBEAT WIN。
今回のダンスは、曲に合わせたリズミカルなバウンスが特徴だという。記者の要望に応じてそんなバウンスダンスを少しだけ披露するBEAT WIN。
その場で「シェキ シェキ バウンスダンス」と命名された。

会見終了後、キレのあるダンスパフォーマンスが特徴の『STALKER』のステージで、ミニライブが再びスタート。『I.NO-Japanese ver.-』では、
上り詰めていく歌声の中でヨンジョのバク宙も炸裂、最後は『BEAUTIFUL NIGHT』で会場をひとつにして、
今回の新曲お披露目ショーケース&記者会見は幕を閉じた。今後彼らは、K-Stage O!やSHOWBOX、大阪(umeda Akaso)などでライブを開催、
12月23日に新宿FACEで開催されるプレミアムライブまで、約1か月におよぶロングランのプロモーション活動を展開する予定だ。